こんにちは。
練馬区石神井公園北口の北島綜合会計事務所スタッフ熊谷です。

朝晩少し気温が下がり夜に虫の声が聞こえるようになりました。

とは言え、まだまだ酷暑お見舞い申し上げます。

今回は、7月より導入された中小企業の労働者本人が申請できる

新型コロナ感染症に関する休業支援金についてのご案内です。

事業主の指示で休業し、賃金や休業手当を受けられなかった

中小企業の労働者本人が申請することができます。

概要をざっくりとご案内しますので、該当されると思う方は

参考になさって下さい。

また、この支援金申請は事業主がまとめて行うこともできます。

対象期間は2020年4月1日から9月30日まで。

休業前の一日当たり平均賃金の80%(上限11,000円/日)を

就労日や自身の都合で休んだ日を除く日数に応じて支給されます。

申請方法は下記必要書類を郵送にて受付(現在オンライン準備中)

・申請書

・休業前と休業中の賃金額が確認できる書類

 (給与明細、賃金台帳等)の写し

・事業主の指示による休業である事が確認できるもの

事業主の署名が必要ですが、協力を得られない場合は空欄でも

受付されます(法律に基づき労働局から事業主に報告を求める)

・本人が確認できる書類(運転免許証・マイナンバーカード等)の写し

・振込先口座が確認できる書類(通帳・キャッシュカード等)の写し

申請書の取得方法、手続の詳しくは厚生労働省のサイトをご覧下さい。

https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html

さて、冒頭の写真はこの夏に行く予定だったミクロネシアの海です。

コロナ感染の勢いが収まらず、いったいつまで我慢すればいいのかと

出口が見えずしんどくなっていますが、

今日も一日笑顔で頑張りましょう。

当事務所Twitterは こちら

Follow me!

Comments are closed

PAGE TOP