こんにちは。
練馬区石神井公園北口の北島綜合会計事務所スタッフ 武田です。

再び感染者数が増えてきましたね。

感染拡大を防止するため東京都では8/3から8/31まで営業時短に協力を要請し、それに応じてくださる中小の飲食事業者等に対し、新たに給付金を設けました。

今回はそんな都独自の「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金」について取り上げさせていただきます。

「そもそも支給対象なの?」「どう協力したらもらえる?」といった疑問の解消に役立てれば幸いです。

この給付金の特徴としては対象要件として、酒類を提供する飲食店、カラオケ店朝5時から夜22時までの間に営業時間を短縮した場合に支給されることと、ガイドラインを遵守し「感染防止徹底宣言ステッカー」を貼ることです。

協力金は、融資とは違い返済の必要がなく事業主の負担が少ないため、営業時間を短縮せざるを得ない方は申請をお勧めします。

〇給付の概要

都の要請に応じて、営業時間の短縮に全面的にご協力いただける中小の飲食事業者等に対して、一事業者当たり、一律20万円を支給します。

〇申請方法

まだ申請サイトは開設されておりません。専用のポータルサイトを立ち上げ、申請受付への対応を予定しています。

ポータルサイトの開設時期や申請受付期間、申請方法等は決定次第、都ホームページにて公表する予定です。

〇対象者

・東京都の営業時間短縮要請を受けた、酒類の提供を伴う飲食店及びカラオケ店を運営する中小企業、個人事業主等です。

・もともと夜22時から翌朝5時までの夜間時間帯に営業を行っていた事業者が対象です。

〇支給条件

以下の2つを満たしている必要があります。

1.8/3から8/31までの期間、朝5時から夜22時までの間に営業時間の短縮に全面的に協力すること
 ※朝5時から夜22時までの間であれば、任意の時間に営業できます。
2.ガイドラインを遵守し、「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示していただくこと

〇「感染防止徹底宣言ステッカー」を貼るまでの流れ

1.チェックシートを見ながら、該当する業種の感染対策ができているかを確認します。
2.全ての感染防止対策が実施できたら、申請フォームから「感染防止徹底宣言ステッカー」をオンラインで取得します。
3.取得した「感染防止徹底宣言ステッカー」を印刷し、店舗等で掲示します。

対象が「酒類を提供する飲食店、カラオケ店」ということですが、「酒類の提供を行っていないカラオケ店」は要請の対象になるのか気になりますね。

結論から言うと、対象になります。不明点等ございましたらこちらのQ&Aを参考にしていただけると非常にわかりやすいです。

支給申請に関しまして、何かご不明な点や気になる点等がございましたら、ご遠慮なくご相談下さい。

当事務所お問合せページはこちら

https://cms.tkcnf.com/km/form/inquiry

当事務所Twitterはこちら

Follow me!

Tags:

No responses yet

    コメントを残す

    PAGE TOP