こんにちは。北島綜合会計事務所スタッフの大島です。ついこの間、ローマ教皇が日本にいらっしゃいましたね。82歳にもなる方だそうですが、イタリア、バチカン市国からいらして、強硬な4日間を精力的に活動をして帰っていかれました。12時間もの飛行時間を掛けて来日し、また同じ時間を掛けて帰って行かれましたが、そのタフさに驚きます。
 以前はローマ法王と言っていたと思いますが、今はローマ教皇というんですね。確かに法王と言うと、国を支配する強い人をイメージしますが、全世界のカトリック教会の最高司教なんですね。随分昔ですが、イタリアへ旅行し、当然バチカン市国にも行きましたが、中に入れるはずもなくイケメンの衛兵を見ただけでしたが。
 司教が長崎で言った言葉で印象にあるのは、「核兵器、大量破壊兵器を持つことは、平和や安定の妨げになる。持つ事だけでそれは、罪な事である」です。先進国、後進国挙って、核を持とうとし自国を誇示し、抑止力にしようとする事が、平和には繋がらないないのだと。

当事務所Twitterは こちら

Follow me!

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP