会社設立の一般的な流れ

手続きの流れ

会社設立までには多くの手続きが必要。事前に準備しておくことで慌てずにすむことも多いので流れを確認しておきましょう。

手続きの流れ

会社概要の決定

事業内容を様々面から検討し基本的事項を決定します。

商号(社名) / 事業の目的(事業内容) / 本店所在地 / 資本金額 / 発起人 / 役員 / 設立日 / 決算月  など

商号・目的確認

  • 会社印鑑の作成
  • 印鑑証明書の取得

法務局で「類似商号」・「事業目的」の適否などを
確認します。

登記書類の作成

定款・登記書類の作成を行います。

定款認証

資本金の払い込み

公証人役場で定款の記載内容が、法律等で定められたとおりに記載されているかという証明をもらいます。

設立登記申請

法務局にて会社設立登記申請をします。
1週間ほどで「登記簿謄本」「印鑑証明書」が取得できます。

会社設立後の諸届出

会社設立後3ヶ月以内に
税務署・都道府県税事務所・市長村役場への届出をします。

完了

事業を軌道に乗せるためにやらなければいけないことは山積です。経理サポート・決算申告から税務調査まで、 会計業務サポートもお任せいただき、事業に安心して専念してください。

創業時の助成金申請もご相談下さい。

  • メリットデメリット
  • 一般的な流れ
  • 必要な経費
  • >新会社法について

お問い合わせ

ページの先頭に戻る