会社設立後が不安な方

起業時・起業後の資金調達

起業するには資本金はいくら必要?

今は1円からでも企業ができ、日本政策金融公庫が発表しているデータによれば多くの方が100万円未満となっています。

しかし、例えば法人を設立するだけで、6万~20万円程度必要になります。ほかにもオフィスやテナントを借りたり、備品を調達する必要があります。

起業時にどうしてもお金は多くかかってしまうものですが、そんな時に使えるのが融資制度や助成金・補助金制度です。女性起業家のためのものも実は結構あるので使ってみてはいかがでしょうか。

また、コンペティションも最近は女性向けが増えてきてます。自分の起業前のチャレンジとして応募してみるのもいいかもしれません。

資金調達で何かお困りでしたらお気軽にご相談ください

はじめての融資(日本政策金融公庫の活用)

主な助成金例です。いずれも雇用保険加入が前提です。詳細はお問い合わせください。
起業時の資金調達法として最も身近なのが、『日本政策金融公庫』の融資活用です。銀行などに比べ、比較的融資してもらいやすい調達手段ですが、資してもらうためのポイントはしっかりおさえておきましょう。

日本政策金融公庫活用の3つのメリット

  • 資金繰り
  • 知ってて良かった助成金
  • 税金について
  • 節税対策について

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
0800-888-1691
受付時間:平日9時~18時

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る